女性薄毛対策別ランキング|病院・育毛剤・ウィッグ・植毛

MENU

女性薄毛対策別ランキング

女性薄毛対策の心得

女性薄毛の対策は「薄毛の進行状況」および「本人の要望」で判断する事が可能です。抜け毛が気になりだした初期の段階であれば「育毛剤」、既に薄毛が進行し自分では手に負えない段階であれば「病院」や「植毛」、「ウィッグ」という選択肢から要望に合うものを選ぶ事になります。

目印病院ランキング

病院

医学的根拠に基づく病院での薄毛治療こそ最も効果的で信頼性のある対策になります。民間療法とは違うリスクの少ない方法です。

目印育毛剤ランキング

育毛剤

薄毛や抜け毛が気になり始めた段階であり、病院はまだ早いと感じる人にはこちら。自宅で使うなら口コミが良い育毛剤を選ぶ事が大切です。

目印サロンランキング

ウィッグ

髪に近い人工毛を使ったウィッグやオーダーメイドカツラは最短で理想の髪型に近づける方法です。費用との兼ね合いが大切です。

目印植毛ランキング

手術

生まれつき広いオデコや薄い分け目などを自毛植毛で改善する女性が増えています。自分の髪として育めるところに魅力を感じる人は多いです。

目印育毛シャンプー

育毛シャンプー

健やかな頭皮と健康な髪の毛を育む基盤となるのが育毛シャンプーです。経済的で長く愛用できる育毛シャンプーを厳選しました。

目印サプリランキング

育毛サプリメント

生活習慣が不規則な人ほどサプリで体内環境を整える事をお勧めします。外部からだけでなく、内部から体質改善を働きかける事で健康的に育毛できます。

女性薄毛の増加と時代背景

薄毛というと中年から高齢の男性に起こる症状と思われていましたが、今は女性でも薄毛に悩む方が増えています。髪の成長サイクルが狂って抜け毛が増えるのは、男性ホルモンが原因とされていたので、一昔前までは薄毛を気にする女性はごく少数でした。それなのに、ここ数年は女性薄毛が増加しているのは、時代背景が大きく関係していると言われています。

 

目印女性の薄毛と男性の薄毛の違い

 

男性の薄毛

一般的な男性の薄毛は、おでこの生え際、もしくは頭頂部の髪の毛が極端に抜け落ちてしまうという特徴があります。男性の場合、前頭部や頭頂部に男性ホルモンの受容体が集中していて、ここにジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンがはまりこんでしまいやすいという性質があります。

 

ジヒドロテストステロンは、皮脂の過剰分泌を促して毛穴の詰まりを引き起こしたり、髪を構成するために必要なタンパク質の合成を邪魔するため、前頭部や頭頂部から薄毛が始まるのです。

 

一方、女性は髪の毛が全体的に薄くなるという薄毛の特徴を持っています。男性ホルモンの影響による薄毛がないわけではありませんが、全体が薄くなるのは男性ホルモンだけが原因で髪が抜けてしまうわけではありません。そして、この薄毛の症状の違いを引き起こしているのが時代背景なのです。

 

目印薄毛を増加させた時代背景とは?

 

カラーリング

現代女性と一昔前の女性のライフスタイルやファッションを比べてみると、まったく違うということが分かります。例えば、髪や頭皮へのダメージで考えると、以前はカラーリングやパーマは今ほどスタンダードではありませんでしたし、スタイリング剤の種類ももっと少なかったです。

 

ですが今はカラーもパーマも若い頃から当たり前のようにしていますし、スタイリング剤の種類も大幅に増えて、ほとんどの女性が使用しています。若いうちからヘアスタイルのためにいろいろ手を加えてしまったら、その分ダメージの蓄積も増加するので、加齢とともにどんどん抜け毛が増えてしまうのです。

 

また、社会進出によってストレスを受ける女性も増えていますし、食生活の変化によって必要な栄養素も減少しています。このような時代背景が女性薄毛の増加を促進しているのです。

女性薄毛が引き起こされる主な原因

近年、薄毛に悩む女性が増えているため、その需要に応える形で女性専用の育毛剤やウイッグなどの薄毛対策アイテムがどんどん開発されています。薄毛になってしまったら、もちろんこういったアイテムを利用するべきですが、同時にきちんと原因を把握して悪化しないようにすることも大切です。ただし、女性の場合だと薄毛の症状は全体的に薄くなるタイプと、全体の一部分だけが薄くなるタイプの2つがあり、原因もそれぞれに違いますから、自分の症状から分析してみて下さい。

 

目印髪が全体的に薄くなる原因

 

びまん性脱毛症

女性の薄毛の割合の半数以上を占めるのが、全体的に薄くなるタイプです。この原因と言われているのは、男性型脱毛症と同じく男性ホルモンです。女性なのに男性ホルモンの働きが優位になってしまうのは、加齢やストレスによる自律神経の乱れで女性ホルモンの分泌量の低下しまうからです

 

女性ホルモン分泌量が減少してしまうと、必然的に男性ホルモンの割合が増えてしまうので、その働きが活発になり薄毛が引き起こされてしまうのです。また、ストレスや睡眠不足による血流の低下、偏った食生活による栄養不足も原因といわれています。

 

血流が低下する上に、髪を作るための栄養素が不足してしまっていたら、いくら髪の成長期になっても健康な髪を育てることが出来ないため、全体的に薄毛になります。また、睡眠が不足するとダメージを回復させる成長ホルモンの分泌量も減少するので、毛根組織が受けたダメージが蓄積され、結果的に髪が伸びなくなり薄毛が引き起こされます。

 

目印一部分だけが薄くなる原因

 

分け目の薄毛

もし、分け目や生え際などが薄くなっているというのであれば、いつも同じ髪型で頭皮の一部に負担をかけたり、紫外線による影響が考えられます。

 

他にも、自律神経のバランスが崩れることで皮脂の分泌が過剰になり、毛穴の詰まりが引き起こされることで、一部分だけ薄くなることもあります

 

このように、女性の薄毛が引き起こされる主な原因は、症状によって違いがあるので、自分の薄毛の原因をしっかり把握して改善していきましょう。

女性脱毛症の種類と説明

女性脱毛症には種類があります。その中でも代表的なものは以下の2種類になります。

 

目印びまん性脱毛症について

 

ストレスを抱える女性

びまん性脱毛症というのは、原因が男性ホルモンにある男性型脱毛症と同じということで、女性男性型脱毛症(FAGA)とも呼ばれるややこしい脱毛症です。ただし、この脱毛症の症状は、男性型脱毛症のように前頭部や頭頂部から薄くなるのではなく、髪の毛全体が薄くなるという特徴があります。

 

原因は同じなのに何故症状が異なるかははっきり解明されていませんが、女性の場合、女性ホルモンが減少することが男性ホルモンの働きを優位にしてしまうという生理学的な原因があります。女性はもともと女性ホルモンの割合の方が多いのですが、加齢やストレス、不規則な生活習慣、無茶なダイエットなどで女性ホルモンが減少してしまいます

 

つまり単に男性ホルモンの分泌量が増えるというのではなく、女性ホルモンの割合が減ることで男性ホルモンの影響を受けやすくなり、薄毛が引き起こされます。そのため、一部分に脱毛症状が起こるのではなく、全体的に薄毛になるびまん性脱毛症が発症してしまうと考えられています。

 

目印牽引性脱毛症とは?

 

髪を結ぶ女性

牽引性ということから分かるように、ポニーテールやお団子ヘアのように、髪を引っ張る髪型をしていると起こるのが牽引性脱毛症です。髪はとても強いので、きつく縛ってもすぐに抜けるということはありませんが、いつもいつも引っ張っていると毛根組織にダメージが蓄積されていきます。

 

すると、だんだん髪をつなぎとめておく力が低下してしまうため、少しずつ抜け落ちていき、やがて引っ張られている部分の髪が全体的に抜けやすい状態になってしまいます。また、いつも同じ髪型をしていると、分け目の部分が紫外線などのダメージを受けてしまい、髪が抜けやすくなります。

 

他にも、出産によるホルモンバランスの乱れによって起こる分娩後脱毛症や、皮脂の過剰分泌による脂漏性脱毛症、男女問わずストレスなどで発生する円形脱毛症など、女性でも脱毛症の種類によっては薄毛になるリスクも高いので注意しましょう。

女性の円形脱毛症の原因と治療法

女性薄毛の中でも特殊な脱毛症が円形脱毛症です。円形脱毛症の原因というと、一般的には強いストレスを受けるせいだと考えられています。過度のストレスを受けると、ストレスに対抗するために交感神経が活発に働き出し、心肺の活動が激しくなり体温が上昇して、ストレスに抵抗できる体内環境を作り出すことができます。

 

しかしストレスが長く続くと交感神経がずっと働く状態になるため、血管が収縮して血流が低下し、頭部の一部分に抜け毛が引き起こされます。ですが女性の円形脱毛症の場合だと、ストレスも原因になることはありますが、それより女性ホルモンが影響していると考えられます。

 

目印女性の円形脱毛症の原因とは?

 

円形脱毛症

女性ホルモンというのは、髪の成長を促進したり、成長期の状態を長く保つという働きを持っています。ですので、女性ホルモンがきちんと分泌されていれば、基本的には抜け毛も多くならないので薄毛になることはありません。

 

しかし、妊娠や出産、不規則な生活習慣、栄養の偏り、加齢などによって女性ホルモンの分泌量が減少してしまうことがあります。すると髪の成長が滞ったり、成長期が短くなって抜け毛が引き起こされるのですが、この影響によって円形脱毛症が起こると言われています。

 

目印実際の円形脱毛症の治療法について

 

脱毛症注射薬

円形脱毛症の治療法は、ステロイドの副作用を利用したステロイド局部注射や薬品によってかぶれを発症させて発毛を促進する局所免疫方法などが有効とされています。ですがこういった治療法は、痛みを伴いますし副作用があるので、女性の円形脱毛症の治療法としてはお勧めできません。

 

推奨される治療法としては、内服薬や外用薬を使用するとい方法があります。内服薬だとアレルギーを抑制する効果があるもの、もしくは血行促進作用があるものが一般的で、セファラチン、グリチルリチン、メチオニンなどが処方されます。

 

外用薬で効果があるといわれるのは、ミノキシジルを配合している薬です。円形脱毛症の治療として医学的な根拠は認められていないものの、診療実績があるのでもっとも効果が高いと言われています。いずれにしても、治療は医療機関で行うので円形脱毛症になってしまったら、まずはクリニックでの診察を受けましょう。