女性薄毛とHARG療法

MENU

女性薄毛とHARG療法

以前よりも薄毛に悩む女性が増えているので、女性の薄毛を改善するための育毛剤や治療法なども続々と開発されています。そうはいっても、男性の薄毛対策に関してもまだまだ効果に個人差があるという状態ですから、女性の薄毛に関しての対策も効果が高いと言えるものは少ないというのが現状です。

 

そんな現状において、かなり効果が高いと言われているのがHARG療法という治療法です。

 

目印HARG治療法とは?

 

HARG療法というのは、幹細胞から抽出した成長因子を、ダイレクトに頭皮に注入するという療法で、医療機関で行う毛髪再生医療です。幹細胞は、簡単に言ってしまうと髪の毛の種となるもので、これが働きをストップしてしまうと髪は成長することができません。

 

薄毛になる、つまり髪が成長しないという状態は、幹細胞によって引き起こされていると言えます。HARG療法では150種類以上の幹細胞の成長因子と、ビタミンBやシステイン、ブフロメシルという育毛促進効果がある成分をブレンドしたHARGカクテルを注入して、毛母細胞を刺激して幹細胞の目覚めを促します

 

幹細胞がHARGカクテルによって覚醒することで、発毛が促進されて今まで生えてこなかった髪の毛が生えてくるというのが、HARG療法のメカニズムになります。

 

目印女性でも治療が出来るのか?

 

一般的には、男性と女性の薄毛の原因が異なるため、対策法や治療法も異なります。例えば男性ホルモンによる薄毛である女性男性型脱毛症では、男性型脱毛症に効果のあるプロペシアは使用できません。

 

これは単に効果がないというだけではなく、女性が使用すると副作用の恐れがあるのでプロペシアは使用禁止となっています。ですがHARG療法は副作用もありませんし、女性のための発毛治療はHARG療法以外にはないということで、女性でも効果を得られる治療法として高い評価を得ています

 

特に女性の薄毛は、男性ホルモンの影響で抜け毛が増えるというのが少ないため、発毛の治療の効果が出やすいという特徴もあります。ですので薄毛を本格的に治したいという方には、HARG療法がもっとも適していると言えるのですね。

女性薄毛とHARG療法関連ページ

パントスチンとパントガールの特徴と使い方
パントスチンというのは女性男性型脱毛症であるFAGAの治療薬で、パントガールというのは女性専用の育毛剤になります。
女性薄毛とロゲインの効果や使用上の注意点など
男性ホルモンによる脱毛症にはプロペシアという治療薬がありますが、女性の場合は副作用のリスクも高く、胎児に悪影響を及ぼすので使用出来ません。
女性薄毛とプロペシア治療
プロペシアと言えば、日本で初めて男性型脱毛症(AGA)の治療薬として認められた医薬品として有名ですね。
女性でも服用できるタイプのミノキシジルで薄毛を治す方法
ミノキシジルは高血圧症の治療薬として使われていましたが、その患者に多毛症の症状が見られたことから育毛剤としての研究が進められました。
女性薄毛の症状別治療費
薄毛になると、まずは育毛剤などでケアをするのが一般的ですが、それでも効果が実感出来ないという場合は女性の薄毛治療を専門に行っている医療機関に頼るのが一番です。
女性薄毛とグロースファクター再生療法
髪の毛の成長のためには毛母細胞が分裂していくことが必要ですが、この分裂に関わるのが成長因子とも呼ばれるグロースファクターです。
一般病院の皮膚科で行っている女性薄毛の治療方法とは?
女性薄毛の治療というのは、専門クリニックだけではなく一般病院の皮膚科でも行っているところがあります。
女性薄毛クリニックでの治療の流れと内容
最近は薄毛の治療を行うクリニックも増えていますし、以前よりもコマーシャルなどを盛んに行っているので、気になっている方も多いのではないでしょうか。