一般病院の皮膚科で行っている女性薄毛の治療方法とは?

MENU

一般病院の皮膚科で行っている女性薄毛の治療方法とは?

女性薄毛の治療というのは、専門クリニックだけではなく一般病院の皮膚科でも行っているところがあります。専門クリニックは何となく行きづらいという方でも、皮膚科であれば抵抗なく受診できますね。ですが、皮膚の病気の治療が専門の皮膚科ではどのような治療を行うのか、また本当に改善効果が得られるのでしょうか。

 

病院

 

目印皮膚科の薄毛治療方法とは?

 

皮膚科では、まず薄毛の原因を検査します。病院によって行う検査は違いますが、一般的には脂漏性皮膚炎など頭皮に炎症が起こっていないか確認します。もし外的症状が見られなかった場合は、ホルモンバランスや甲状腺などに異常がないか検査をします。

 

ただし、基本的に皮膚科でできるのは皮膚炎の治療、もしくは頭皮環境を改善するための治療だけです。女性薄毛にはFAGA(女性男性型脱毛症)やびまん性脱毛症などいろいろな脱毛症がありますが、皮膚科は脱毛症専門ではないので、決まった治療しか受けられません。

 

頭皮の炎症など皮膚炎が原因なら効果的な治療が受けられますが、残念ながら専門医ではないので、原因を突き止めて改善する治療というのは受けられないと思っておきましょう。

 

目印皮膚科に行くのはムダ?

 

例え治療ができないとしても、皮膚科に相談しにいくのはムダなことではありません。というのも、皮膚科で診察をしてもらえば、そこで治療ができなくても次に何科に行けば良いのか絞ることができます。甲状腺異常であれば甲状腺の専門クリニック、ホルモンバランスが崩れているなら婦人科など、自分の薄毛の改善に適した科を受診できるのです。

 

どちらでもないという場合だったら、薄毛治療の専門クリニックに行けばいいのですから、いろいろと病院をまわるという無駄な時間を省けます。薄毛治療は1日でも早く始めた方が良いので、どこに行けば良いか分からず迷っているという方は、まず皮膚科を受診してみるといいですね。

 

いずれにしても、皮膚科での治療を検討している方は、治療ができる薄毛とできない薄毛があるということを理解しておきましょう。

一般病院の皮膚科で行っている女性薄毛の治療方法とは?関連ページ

パントスチンとパントガールの特徴と使い方
パントスチンというのは女性男性型脱毛症であるFAGAの治療薬で、パントガールというのは女性専用の育毛剤になります。
女性薄毛とロゲインの効果や使用上の注意点など
男性ホルモンによる脱毛症にはプロペシアという治療薬がありますが、女性の場合は副作用のリスクも高く、胎児に悪影響を及ぼすので使用出来ません。
女性薄毛とプロペシア治療
プロペシアと言えば、日本で初めて男性型脱毛症(AGA)の治療薬として認められた医薬品として有名ですね。
女性でも服用できるタイプのミノキシジルで薄毛を治す方法
ミノキシジルは高血圧症の治療薬として使われていましたが、その患者に多毛症の症状が見られたことから育毛剤としての研究が進められました。
女性薄毛の症状別治療費
薄毛になると、まずは育毛剤などでケアをするのが一般的ですが、それでも効果が実感出来ないという場合は女性の薄毛治療を専門に行っている医療機関に頼るのが一番です。
女性薄毛とグロースファクター再生療法
髪の毛の成長のためには毛母細胞が分裂していくことが必要ですが、この分裂に関わるのが成長因子とも呼ばれるグロースファクターです。
女性薄毛とHARG療法
以前よりも薄毛に悩む女性が増えているので、女性の薄毛を改善するための育毛剤や治療法なども続々と開発されています。
女性薄毛クリニックでの治療の流れと内容
最近は薄毛の治療を行うクリニックも増えていますし、以前よりもコマーシャルなどを盛んに行っているので、気になっている方も多いのではないでしょうか。