女性でも服用できるタイプのミノキシジルで薄毛を治す方法

MENU

女性でも服用できるタイプのミノキシジルで薄毛を治す方法

ミノキシジルは高血圧症の治療薬として使われていましたが、その患者に多毛症の症状が見られたことから育毛剤としての研究が進められました。その結果、血管拡張作用によって頭皮の血行を促進し、毛根組織に栄養を送ることで発毛を促す効果があることが分かり、男性型脱毛症の治療に使われるようになりました。現在では、女性でも服用できるミノキシジルが発売されていますが、どのように使うのでしょうか。

 

目印ミノキシジルが効く薄毛のタイプ

 

ミノキシジルは、特に前頭部や頭頂部の発毛効果が高いことが分かっています。そのため、これらの部位から薄毛が発症する男性型脱毛症の改善に効果的なのですが、女性の場合だとFAGA(女性男性型脱毛症)への効果が期待できます

 

FAGAは男性型脱毛症の女性版ですから、AGA治療薬として使われるミノキシジルはFAGAの改善にもっとも効果的なのですね。FAGAの症状は男性とは異なるものの、男性ホルモンの影響で薄毛が発症するという原因は同じです。ミノキシジルは男性ホルモンによる薄毛への効果が優れているので、FAGAと診断された場合はミノキシジルでの治療が適しています。

 

目印ミノキシジルの注意点

 

ミノキシジルが配合されている薬は、男性用と女性用に分かれています。男性用の場合はミノキシジルの濃度が高く、女性用はそれより低いという違いがあります。女性はミノキシジルが効きやすいので、濃度が低くても十分に薄毛の改善効果が期待できます。

 

女性が男性用ミノキシジル治療薬を使ってしまうと、逆に効果が強すぎて体毛が濃くなる可能性があるので注意してください。ミノキシジルに限らず、有効成分というのはたくさん摂取すれば効果が高くなるということはありませんから、必ず女性用の治療薬を服用しましょう。

 

ミノキシジルは、フィナステリドのような重篤な副作用はないので女性の薄毛にも効果的です。ただし、どんなタイプの薄毛にも効果があるというものではなく、FAGAの改善にしか効果がないので、まずはAGA専門クリニックなどで検査を受けてから服用してください。

女性でも服用できるタイプのミノキシジルで薄毛を治す方法関連ページ

パントスチンとパントガールの特徴と使い方
パントスチンというのは女性男性型脱毛症であるFAGAの治療薬で、パントガールというのは女性専用の育毛剤になります。
女性薄毛とロゲインの効果や使用上の注意点など
男性ホルモンによる脱毛症にはプロペシアという治療薬がありますが、女性の場合は副作用のリスクも高く、胎児に悪影響を及ぼすので使用出来ません。
女性薄毛とプロペシア治療
プロペシアと言えば、日本で初めて男性型脱毛症(AGA)の治療薬として認められた医薬品として有名ですね。
女性薄毛の症状別治療費
薄毛になると、まずは育毛剤などでケアをするのが一般的ですが、それでも効果が実感出来ないという場合は女性の薄毛治療を専門に行っている医療機関に頼るのが一番です。
女性薄毛とグロースファクター再生療法
髪の毛の成長のためには毛母細胞が分裂していくことが必要ですが、この分裂に関わるのが成長因子とも呼ばれるグロースファクターです。
女性薄毛とHARG療法
以前よりも薄毛に悩む女性が増えているので、女性の薄毛を改善するための育毛剤や治療法なども続々と開発されています。
一般病院の皮膚科で行っている女性薄毛の治療方法とは?
女性薄毛の治療というのは、専門クリニックだけではなく一般病院の皮膚科でも行っているところがあります。
女性薄毛クリニックでの治療の流れと内容
最近は薄毛の治療を行うクリニックも増えていますし、以前よりもコマーシャルなどを盛んに行っているので、気になっている方も多いのではないでしょうか。