パントスチンとパントガールの特徴と使い方

MENU

パントスチンとパントガールの特徴と使い方

パントスチンというのは女性男性型脱毛症であるFAGAの治療薬で、パントガールというのは女性専用の育毛剤になります。どちらも女性の薄毛に効果があるという点は共通していますが、薄毛の原因に対してのアプローチ方法が異なるので、特徴と使い方をしっかりチェックしておきましょう。

 

目印パントスチンの特徴と使い方

 

パントスチンは男性ホルモンによって引き起こされるFAGAの治療薬になるので、男性ホルモンの働きを抑制する有効成分が配合されているという特徴があります。脱毛を引き起こすホルモンはジヒドロテストステロンというホルモンで、これはテストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで変換されます。

 

有効成分であるアルファトラジオールは、テストステロンがジヒドロテストステロンに変換されるのを抑制する効果があるので、薄毛の改善効果が期待できるのですね。また、男性用のAGA治療薬と違い副作用がほとんどないという特徴もあるので、安心して長期間服用できます

 

ただし、抜け毛を防ぐ効果はありますが、育毛を促進する成分は含まれていないので、パントスチンだけだと現状維持の効果しかありません。ですので効果的な使い方としては、育毛効果が高いパントガールと組み合わせて服用するのがおすすめです。

 

目印対するパントガールの特徴と使い方

 

パントガールは飲むタイプの育毛剤で、現在は世界30ヵ国以上で育毛剤として活用されています。パントガールの特徴は、細胞の代謝を活発にして分裂を促進するという育毛効果です。

 

髪の毛の成長のためには細胞分裂が必要不可欠ですが、そのために必須となる成分がバランス良く配合されているのがパントガールの特徴でもあります。

 

エネルギー代謝を促すビタミンB1、髪を構成するケラチン、ターンオーバーを促進したり髪を作るタンパク質となるL-シスチン、髪の組織を健康に保つパントテン酸カルシウムなどを効率よく吸収できるようにカプセルに凝縮されています。

 

ただ、育毛効果は高いのですが抜け毛を抑制する効果は弱いので、抜け毛もストップしたいという方はパントスチンと併用するのがおすすめの使い方です。

パントスチンとパントガールの特徴と使い方関連ページ

女性薄毛とロゲインの効果や使用上の注意点など
男性ホルモンによる脱毛症にはプロペシアという治療薬がありますが、女性の場合は副作用のリスクも高く、胎児に悪影響を及ぼすので使用出来ません。
女性薄毛とプロペシア治療
プロペシアと言えば、日本で初めて男性型脱毛症(AGA)の治療薬として認められた医薬品として有名ですね。
女性でも服用できるタイプのミノキシジルで薄毛を治す方法
ミノキシジルは高血圧症の治療薬として使われていましたが、その患者に多毛症の症状が見られたことから育毛剤としての研究が進められました。
女性薄毛の症状別治療費
薄毛になると、まずは育毛剤などでケアをするのが一般的ですが、それでも効果が実感出来ないという場合は女性の薄毛治療を専門に行っている医療機関に頼るのが一番です。
女性薄毛とグロースファクター再生療法
髪の毛の成長のためには毛母細胞が分裂していくことが必要ですが、この分裂に関わるのが成長因子とも呼ばれるグロースファクターです。
女性薄毛とHARG療法
以前よりも薄毛に悩む女性が増えているので、女性の薄毛を改善するための育毛剤や治療法なども続々と開発されています。
一般病院の皮膚科で行っている女性薄毛の治療方法とは?
女性薄毛の治療というのは、専門クリニックだけではなく一般病院の皮膚科でも行っているところがあります。
女性薄毛クリニックでの治療の流れと内容
最近は薄毛の治療を行うクリニックも増えていますし、以前よりもコマーシャルなどを盛んに行っているので、気になっている方も多いのではないでしょうか。