女性薄毛とグロースファクター再生療法

MENU

女性薄毛とグロースファクター再生療法

髪の毛の成長のためには毛母細胞が分裂していくことが必要ですが、この分裂に関わるのが成長因子とも呼ばれるグロースファクターです。グロースファクターが少ないと、細胞分裂が滞ってしまって髪の成長がストップし、抜け毛や薄毛の原因になることがあります。このグロースファクターを再生して薄毛を改善するのが、グロースファクター再生療法という治療法です。

 

目印髪とグロースファクターの関係

 

人間に限らず、植物から動物まで生きているものすべては数百兆個の細胞で構成されていて、これらの細胞は常に新陳代謝を行って新しい細胞を作り、古い細胞と入れ替わっています。新陳代謝によって健康を保つのはもちろん、傷や病気を治したり、ダメージを受けた機能が修復されたり、爪や髪も成長します。

 

この新陳代謝を行うために必要なのがグロースファクターというタンパク質で、人間の体を構成するすべての細胞分裂を司っています。そして、髪の毛も細胞でできていますから、グロースファクターの働きが必要不可欠です。ですがグロースファクターは加齢とともに減少していくため、これが毛母細胞の分裂に影響を及ぼし、抜け毛や発毛不全など薄毛を引き起こしてしまうのです。

 

目印グロースファクター再生療法とは?

 

グロースファクター再生療法の治療は、成長因子カクテルを頭皮に塗るか、注入するという方法で行われます。グロースファクターを直接頭皮に浸透させることで、働きの衰えた毛母細胞を活性化し、細胞分裂を促進して髪の成長を促します。

 

この治療法は、約50%の人が薄毛の改善効果を実感し、抜け毛の減少や進行の停止などの状態を含めると、90%以上の人が効果を実感しているというデータがあります。

 

毛母細胞をダイレクトに活性化できるグロースファクター再生療法は、抜け毛を減らして発毛を促進するというダブルの効果を得られるので、発毛率も90%という結果も出ています。

 

1回あたりの料金は、約50000円ぐらいかかってしまうので安いとは言えませんが、薄毛を改善したいという方にとってはもっとも有効な治療法と言えるでしょう。

女性薄毛とグロースファクター再生療法関連ページ

パントスチンとパントガールの特徴と使い方
パントスチンというのは女性男性型脱毛症であるFAGAの治療薬で、パントガールというのは女性専用の育毛剤になります。
女性薄毛とロゲインの効果や使用上の注意点など
男性ホルモンによる脱毛症にはプロペシアという治療薬がありますが、女性の場合は副作用のリスクも高く、胎児に悪影響を及ぼすので使用出来ません。
女性薄毛とプロペシア治療
プロペシアと言えば、日本で初めて男性型脱毛症(AGA)の治療薬として認められた医薬品として有名ですね。
女性でも服用できるタイプのミノキシジルで薄毛を治す方法
ミノキシジルは高血圧症の治療薬として使われていましたが、その患者に多毛症の症状が見られたことから育毛剤としての研究が進められました。
女性薄毛の症状別治療費
薄毛になると、まずは育毛剤などでケアをするのが一般的ですが、それでも効果が実感出来ないという場合は女性の薄毛治療を専門に行っている医療機関に頼るのが一番です。
女性薄毛とHARG療法
以前よりも薄毛に悩む女性が増えているので、女性の薄毛を改善するための育毛剤や治療法なども続々と開発されています。
一般病院の皮膚科で行っている女性薄毛の治療方法とは?
女性薄毛の治療というのは、専門クリニックだけではなく一般病院の皮膚科でも行っているところがあります。
女性薄毛クリニックでの治療の流れと内容
最近は薄毛の治療を行うクリニックも増えていますし、以前よりもコマーシャルなどを盛んに行っているので、気になっている方も多いのではないでしょうか。