女性用育毛剤の効果的な選び方とは?

MENU

女性用育毛剤の効果的な選び方とは?

女性用育毛剤は、店頭でもネット検索でもあらゆる種類の商品が発売されているので、どれを選べばいいか迷ってしまうという方も少なくないでしょう。

 

育毛剤というのは単に髪を育てるというだけではなく、薄毛の原因にもアプローチするものなので、種類や自分の薄毛の症状に合わせたものを選ぶことが重要です。

 

目印育毛剤の種類で選ぶ時に知っておくべきこと

 

育毛剤には、医薬品と医薬部外品、化粧品の3つの種類に分かれます。医薬品は名前の通り薬として認可されているものですから、当然優れた育毛効果が期待できます。

 

ただし、それだけの効果があるということは、副作用が出るかもしれないということにもなります。特にホルモンに働きかける成分が入っている場合は、副作用のリスクも高まるので、使用する場合にはリスクを踏まえた上で安全性の高いものを選びましょう。

 

医薬部外品は治療効果はないものの、効能があると認められている成分を使っているもので、副作用の心配はありません。

 

ですが効果が出るのは医薬品より遅いので、即効性を求める方には向いていません。化粧品は保湿成分などがメインになっていて、効果も保証されていないので、育毛という効果は期待しない方がいいでしょう。

 

目印薄毛の原因に合わせて選ぶには?

 

女性の薄毛の原因は、主に女性ホルモンの減少によって男性ホルモンが活発に働いて抜け毛が増えるというものと、頭皮環境の悪化などで毛根自体が弱って髪が細くなるというものの2つが挙げられます。

 

更年期や加齢、不規則な生活習慣などで抜け毛が増えたという場合、女性ホルモンが減少している可能性があります。

 

こういった場合は、女性ホルモンをコントロールしてくれる成分や、抗男性ホルモン作用を持つ成分が配合されているものを選びましょう。

 

頭皮の乾燥で血行不良や栄養不足によって髪が痩せてしまっているという場合は、血行促進成分や保湿成分が配合されているものを選んでください。

 

いずれにしても、医薬品や医薬部外品なら効能がしっかり明記されていますし、有効成分もきちんと配合されていますから、化粧品以外の女性用育毛剤から選ぶのが効果を得るポイントになります。

女性用育毛剤の効果的な選び方とは?関連ページ

女性用育毛剤の副作用やトラブルとは?
女性用育毛剤の種類はたくさんありますが、有効成分が配合されている医薬品や医薬部外品は効果が高いものの、副作用のリスクもあります。
乾燥肌敏感肌の育毛剤選び
女性というのは、もともと皮脂の分泌量が少ないのですが、さらにパーマやカラーの薬剤の刺激、洗浄力の強すぎるシャンプーなどで乾燥肌や敏感肌になりやすい環境にあります。
女性薄毛に良い漢方薬
女性薄毛を引き起こす要因は、加齢や不規則な生活習慣による女性ホルモンの減少や、毛母細胞の劣化などが挙げられますが、これは西洋医学的な見地になります。