女性薄毛に良い漢方薬とは?

MENU

女性薄毛に良い漢方薬とは?

女性薄毛を引き起こす要因は、加齢や不規則な生活習慣による女性ホルモンの減少や、毛母細胞の劣化などが挙げられますが、これは西洋医学的な見地になります。

 

漢方で治療を行う東洋医学では、細胞ではなく血液の流れなど体内環境が大きく関わっていると考えられています。ですので、東洋医学では独自の見解から原因を突き止め、漢方でそれを改善していくことで薄毛の治療を行います。

 

目印東洋医学における薄毛原因

 

東洋医学では、髪の毛は余った血によって作られていると考えられています。血が全身に行き渡って、そこで余った血液が髪の毛を生成するとされているので、血のめぐりが悪いと余る血液がないために薄毛になるということです。

 

血のめぐりが原因の薄毛の症状は、主に髪が細くなる、全体的に薄くなるというようなものが挙げられます。そして、もう一つ東洋医学特有の考え方による原因に、腎虚というものがあります。

 

腎というと腎臓をイメージしますが、漢方では腎臓だけではなく、自律神経や生殖器、ホルモンの分泌、免疫力などあらゆる機能の総称が腎となっています。

 

腎虚とは、腎の働きが低下したり、弱くなったりするという症状で、これによってホルモンバランスが崩れて、抜け毛が引き起こされるとされています。

 

目印女性薄毛に効く漢方薬について

 

漢方薬というのは、基本的には個人の症状や体の状態に合わせて処方されますが、ある程度は症状によって原因もわかりますし、トータル的に薄毛に働きかける漢方もあるのでそれを利用するのも効果的です。

 

まず血のめぐりが悪く、髪が細い、ハリがないなどの症状で薄毛になっている場合は、六味地黄丸当帰芍薬散十全大補湯などがあります。

 

これらの漢方は、造血をサポートして血液の量を増やすことで、血流を良くしてくれるので、太くハリのある健康な髪の毛を育てていく効果が期待できます。

 

ストレスや疲労が溜まっていたり、なんとなく体がだるい重いという場合は腎虚かもしれないので、腎を元気にしてくれる八味地黄丸や補中益気湯がいいでしょう。

 

ただし、漢方は即効性があるものではないので、効果を得るためには地道に飲み続けてください。

女性薄毛に良い漢方薬とは?関連ページ

女性用育毛剤の選び方
女性用育毛剤は、店頭でもネット検索でもあらゆる種類の商品が発売されているので、どれを選べばいいか迷ってしまうという方も少なくないでしょう。
女性用育毛剤の副作用やトラブルとは?
女性用育毛剤の種類はたくさんありますが、有効成分が配合されている医薬品や医薬部外品は効果が高いものの、副作用のリスクもあります。
乾燥肌敏感肌の育毛剤選び
女性というのは、もともと皮脂の分泌量が少ないのですが、さらにパーマやカラーの薬剤の刺激、洗浄力の強すぎるシャンプーなどで乾燥肌や敏感肌になりやすい環境にあります。