シャンプー後のドライヤーの仕方

MENU

シャンプー後のドライヤーの仕方

シャンプーをした後のドライヤーの仕方によって抜け毛の予防や育毛のケアができると考えられているので、ドライヤーの設定温度や頭皮から離す間隔などについてチェックしておきましょう。

 

あまり熱すぎる風を当ててしまうと、頭皮や髪の毛を傷めてしまうため注意しなければいけません。頭皮や髪を健康に保つためにも、髪の毛を乾かす時にはドライヤーの仕方を正しく行いましょう。

 

目印ドライヤーの具体的な仕方について

 

シャンプーをした後には、まずタオルで十分に髪の毛の水気を取り除くようにしておくことがポイントのひとつとなりますが、ゴシゴシと強くこすったりしないように気をつけましょう。タオルドライが終わったらドライヤーをかけていきますが、この時には温風だけではなく冷風も活用することをおすすめします

 

温かい風と冷たい風を切り替えながら使うことで、頭皮や髪の毛にかかる負担を減らすことができると考えられているのです。あまり温風ばかりを使っていると頭皮が乾燥しすぎてしまい、抜け毛や頭皮のトラブルの原因になってしまうこともあるため注意して、あまり高くない温度の風に調整できるドライヤーを選ぶことも大切です。同時に髪の毛の1ヶ所に温風を長くあてないように気をつけ、できれば30p以上はドライヤーを離して使うようにしておきましょう。

 

目印ドライヤーをする時に意識したいこと

 

ドライヤーは時間がある時には冷たい風をあてるだけでも十分に髪の毛を乾燥させることができるとされているものなので、いつもの髪の毛のお手入れには冷風を使うよう意識してみてはいかがでしょうか?

 

また、髪の毛を乾かすと言っても、完全に髪の毛を乾かすほどドライヤーをあててしまうと乾燥しすぎてしまうことがあるため、ある程度の湿気を取り除くことができれば、その時点で終了させましょう。ドライヤーの仕方を正しく行うことによって、抜け毛の予防や頭皮環境の改善ができると考えられ、育毛ケアのサポートにも役立つと思われます。

シャンプー後のドライヤーの仕方関連ページ

育毛シャンプーの選び方
薄毛対策のためには、育毛剤を使うことも大切ですが、同じぐらい重要なのがシャンプーです。
石鹸シャンプーと育毛シャンプーの特徴や違い
頭皮によい作用を持っていて髪の毛にもあまりダメージを与えないシャンプーとして取り上げられるものに石鹸シャンプーがあり、また髪の毛を育てるためには育毛シャンプーがおすすめだとされることがあります。
頭皮の皮脂は根こそぎ取り除くべきか?
育毛のためのケアに頭皮の皮脂をすっきりと落とすことが必要とされるという情報を多く見かけることがありますが、根こそぎ取り除くことについては注意しておかなければいけません。
硫酸系シャンプーの危険性
シャンプーの中には硫酸系シャンプーと呼ばれる種類のものがあり、一般的にはこのタイプのものが多く販売されているのですが、髪のケアや頭皮のトラブルの原因になる危険性があるため注意しておきましょう。
抜け毛予防に効果的なシャンプーの仕方とは?
抜け毛のケアにはいろいろな方法がありますが、シャンプーを見直すことも大切だと考えられており、効果的なシャンプー方法として汚れや皮脂を丁寧に落とすことなどが挙げられます。