育毛シャンプーの成分や選び方

MENU

育毛シャンプーの成分や選び方

女性のシャンプー風景

薄毛対策のためには、育毛剤を使うことも大切ですが、同じぐらい重要なのがシャンプーです。シャンプーというのは、種類によっては頭皮を守る皮脂を根こそぎ落としたり、強い洗浄力で刺激を与えて頭皮環境を悪化させてしまいます

 

これではいくら育毛剤でケアをしても効果がなくなってしまいますから、薄毛を改善するためにはシャンプーから見直しましょう。

 

目印知っておきたい育毛シャンプーの役割

 

普通のシャンプーも育毛シャンプーも、頭皮や髪の汚れをしっかり落とし、毛穴に汚れが詰まったり、頭皮に汚れが残らないようにするという役割を持っています。これだけならどちらも同じと思ってしまいますが、育毛シャンプーはさらに頭皮や髪に優しいという役割があります。

 

育毛するためには、頭皮のダメージや乾燥を修復して、髪が抜けやすくなったり生えにくくなったりしている環境を改善しなくてはいけません。ですので、育毛シャンプーは刺激を与えずに汚れをしっかり落とすという役割があるのですね。

 

そのための一番大きなポイントとなるのが洗浄成分です。一般のシャンプーは泡立ちがよく皮脂を根こそぎ落とす石油系合成界面活性剤を使っていますが、これが頭皮の乾燥やダメージを引き起こします。

 

育毛シャンプーは、基本的にアミノ酸系など肌に優しい洗浄成分が使われていますから、頭皮や髪を守りながら汚れだけを落とすことができるので、結果的に頭皮環境を改善して育毛ができる頭皮を作り上げる働きをしてくれるのです。

 

目印育毛シャンプーの選び方についての注意点

 

育毛シャンプーはメーカーによって使っている洗浄成分が違いますし、中には育毛効果が期待できる成分を配合されていたりするので、どれがいいのか迷ってしまいますね。

 

いずれにしても、育毛や抜け毛を防ぐことを元に開発されたものなので、どれを選んでも失敗はないと言えます。

 

ただし、商品によっては洗浄成分の一つに○○硫酸(ラウレス、ラウリルなど)といった石油系合成界面活性剤が入っているものがあるので、選ぶ時には洗浄成分をしっかりチェックしましょう。台所洗剤と同じ成分で作られているシャンプーも少なくありません。

 

また特化した効果も、皮脂を落とすもの、保湿効果が高いもの、栄養補給ができるものなどそれぞれ異なるので、自分の目的に合ったものを選ぶのが正解です。

育毛シャンプーの成分や選び方関連ページ

石鹸シャンプーと育毛シャンプーの特徴や違い
頭皮によい作用を持っていて髪の毛にもあまりダメージを与えないシャンプーとして取り上げられるものに石鹸シャンプーがあり、また髪の毛を育てるためには育毛シャンプーがおすすめだとされることがあります。
頭皮の皮脂は根こそぎ取り除くべきか?
育毛のためのケアに頭皮の皮脂をすっきりと落とすことが必要とされるという情報を多く見かけることがありますが、根こそぎ取り除くことについては注意しておかなければいけません。
硫酸系シャンプーの危険性
シャンプーの中には硫酸系シャンプーと呼ばれる種類のものがあり、一般的にはこのタイプのものが多く販売されているのですが、髪のケアや頭皮のトラブルの原因になる危険性があるため注意しておきましょう。
抜け毛予防に効果的なシャンプーの仕方とは?
抜け毛のケアにはいろいろな方法がありますが、シャンプーを見直すことも大切だと考えられており、効果的なシャンプー方法として汚れや皮脂を丁寧に落とすことなどが挙げられます。
ドライヤーの仕方
シャンプーをした後のドライヤーの仕方によって抜け毛の予防や育毛のケアができると考えられているので、ドライヤーの設定温度や頭皮から離す間隔などについてチェックしておきましょう。