自毛植毛のFUEとFUTの違いと特徴

MENU

自毛植毛のFUEとFUTの違いと特徴

薄毛対策の方法はいろいろありますが、その中でも有効な対策として自毛植毛という方法があります。自毛植毛とは、名前から分かる通り自分の毛を薄くなった部分に移植して植え付けていくという薄毛治療法になります。

 

人工植毛と違い、拒否反応などの心配がなく安全性が高い自毛植毛ですが、いろいろな植毛法があり、方法によって生着率が異なります。その自毛植毛の種類の中でも、もっとも生着率が高いと言われているのがFUEとFUTという植毛法です。

 

目印FUEとFUTの違い

 

どちらも生着率が高い植毛法ではありますが、FUEとFUTの大きな違いは、移植する髪の毛の採取方法になります。FUEの場合だと、頭皮に専用器具のパンチで1mmぐらいの穴を開けて、髪の毛を採取していきます。

 

一方、FUTの場合だと、後頭部から髪の毛を採取しますが、この時はメスで切り取るという方法で行います。そのため髪の毛を採取した後は、縫合しなくてはいけませんから、当然ですが縫い合わせるという施術も行われます。

 

FUEは穴を開けるといっても、1mmという小さい穴ですから採取後に縫う必要はありません。こうみると、切らないで髪の毛を採取できるFUEの方が良いように思えますが、その代わり穴を開けるので毛根組織を傷つけてしまうリスクが高くなります。そのため一概にFUEが良いとも言い切れないのですね。

 

目印知っておきたいFUEとFUTの特徴とは?

 

FUEは手術の必要がないというのが特徴ですが、その代わり移植する髪の毛がダメになる可能性があるため、広範囲の移植には向いていません。つまり、狭い範囲の移植に向いているのがFUEの特徴になります。

 

FUTの場合は髪の毛の株分けも、植え付けもすべてを手作業で行うというのが特徴です。また切り取って移植するため広範囲の植毛に向いているのも特徴と言えるでしょう。

 

このようにそれぞれに特徴があるので、単に手術するのは嫌だから、穴を開ける方が手軽そうだからというようなことで決めるのではなく、植毛したい部位に合わせて方法を選びましょう。

自毛植毛のFUEとFUTの違いと特徴関連ページ

韓国の自毛植毛事情とは?
美容大国として知られる韓国は、最近だとBBクリームなど化粧品が大ブームを巻き起こしたことでも記憶に新しいですね。
自毛植毛で後悔する結果になる人の特徴など
自毛植毛は、自分の毛母細胞を移植するので安全性が高いというメリットがあります。また、人工のものとは違い、細胞がしっかり生着すればメンテナンスもほとんど必要ありませんし、仕上がりもとてもナチュラルです。
女性が自毛植毛する費用
近年増加し続けている女性の薄毛ですが、その割合は成人女性の人口の約10%、つまり10人に1人という高い割合になっています。