韓国の自毛植毛事情とは?

MENU

韓国の自毛植毛事情とは?

大韓民国国旗

美容大国として知られる韓国は、最近だとBBクリームなど化粧品が大ブームを巻き起こしたことでも記憶に新しいですね。

 

美に対してストイックな面を持つ韓国では、自毛植毛に関しても日本より優れた技術を持っていると言えるでしょう。

 

そのため、韓国で自毛植毛をする方も増えているようです。現在の韓国の自毛植毛事情はどうなっているのでしょうか?

 

目印韓国の自毛植毛費用について

 

日本で自毛植毛をする場合、グラフトクラス(移植する本数)によって料金は異なりますが、もっとも一般的な3000本ぐらいだと平均150万円ぐらいかかってしまいます。ですが、韓国では同じグラフトクラスでも約50万円程度で出来るので、費用に関して言えば約三分の一の費用で自毛植毛をすることが可能です。

 

もちろん渡航費もかかりますし、滞在費も必要になりますから、単純に安いとは言い切れませんが、ツアーなら格安のものがたくさんあります。また経済状態によっては、ウォン安ということもあるので、確実に日本で植毛を行うよりもリーズナブルな価格で自毛植毛が可能と言えるでしょう。

 

目印韓国で自毛植毛するべきか?注意点は?

 

確かに費用の面だけで言えば、格安で出来るのですから韓国での自毛植毛は大きな魅力です。ただし、自毛植毛というのは単に髪の毛を切り取って植え替えるという単純な作業ではありません。

 

毛根組織を切り取って移植するというと簡単に聞こえますが、頭部の組織を生きたまま移植しなくてはいけないのですから、とてもデリケートな作業になります。

 

また、移植出来る髪の毛は無限ではなく限りがあるので、失敗したからもう一度、というわけにもいきません。そんなことをしていたら、髪の毛がなくなってしまいます。

 

それに万が一何かあった場合のアフターケアも、いちいち韓国まで行くわけにはいかないでしょう。このようにあらゆるリスクを考えたら、単に安いからというだけで韓国で自毛植毛をするのはやっぱりおすすめはできません。

 

多少費用は高くなるにしても、信頼できてアフターケアも受けやすい日本のクリニックを利用する方が、安全かつ確実な方法と言えるでしょう。

韓国の自毛植毛事情とは?関連ページ

自毛植毛のFUEとFUT
薄毛対策の方法はいろいろありますが、その中でも有効な対策として自毛植毛という方法があります。 自毛植毛とは、名前から分かる通り自分の毛を薄くなった部分に移植して植え付けていくという薄毛治療法になります。
自毛植毛で後悔する結果になる人の特徴など
自毛植毛は、自分の毛母細胞を移植するので安全性が高いというメリットがあります。また、人工のものとは違い、細胞がしっかり生着すればメンテナンスもほとんど必要ありませんし、仕上がりもとてもナチュラルです。
女性が自毛植毛する費用
近年増加し続けている女性の薄毛ですが、その割合は成人女性の人口の約10%、つまり10人に1人という高い割合になっています。