植毛をした後のシャンプーはどうしたらいい?

植毛をした後のシャンプーはどうしたらいい?

シャンプーというのは、洗浄成分の種類や洗い方によって頭皮にダメージを与えることがあります。植毛後の頭皮は、普通の状態よりもデリケートになっているので注意が必要です。

 

また、シャンプーのやり方次第で定着率も変わってくるので、注意点を押さえてスムーズに定着するようにしましょう。

 

正しいシャンプー方法は植毛後の期間によって変わる

 

まず、植毛をした当日から数週間は、シャンプーだけではなく水圧もダメージを与えるので気をつけてください。シャンプーは、石油系合成界面活性剤を使ったものだと刺激が強すぎるので、アミノ酸系洗浄成分を使っているものにしましょう。それでも頭皮には負担になるため、シャンプーはぬるま湯で薄めます。

 

洗面器にぬるま湯を張って、シャンプーを適量いれて泡立てたら、スポンジに取って移植部分の頭皮を軽く押すようにして洗います。この時、左右前後にこすらないように注意してください。すすぎもシャワーを直接かけないように、周りにシャワーを当てて、その流れるお湯で流しましょう。

 

数週間たって頭皮に髪の毛が定着してきたら、力を入れないようにすれば指の腹で洗えるようになります。と言っても、まだ頭皮の状態は安定していないので、ゴシゴシ洗ったり強い水圧をかけないようにしてください

 

植毛からかなりの期間が経って、かさぶたもほとんど取れてしまったら普通のシャンプー方法を行っても問題ありません。もちろん、爪を立てたり熱いお湯をかけるのは良くありませんが、しっかり洗うこともできますし、普通の水圧のシャワーをかけて大丈夫です。

 

ただ、普通にシャンプーできるようになるまでの期間は人によって異なるので、一度かかりつけの医師に相談するようにしましょう。

 

シャンプーをおざなりにすると、頭皮環境が不衛生になり感染症のリスクが高まるので、清潔に保つことはとても重要です。

 

施術後のシャンプーは手間がかかって面倒かもしれませんが、トラブルを起こさないためにも、正しいシャンプー方法を実践していきましょう。

植毛をした後のシャンプーはどうしたらいい?関連ページ

自毛植毛のFUEとFUT
薄毛対策の方法はいろいろありますが、その中でも有効な対策として自毛植毛という方法があります。 自毛植毛とは、名前から分かる通り自分の毛を薄くなった部分に移植して植え付けていくという薄毛治療法になります。
韓国の自毛植毛事情
美容大国として知られる韓国は、最近だとBBクリームなど化粧品が大ブームを巻き起こしたことでも記憶に新しいですね。
自毛植毛で後悔する結果になる人の特徴など
自毛植毛は、自分の毛母細胞を移植するので安全性が高いというメリットがあります。また、人工のものとは違い、細胞がしっかり生着すればメンテナンスもほとんど必要ありませんし、仕上がりもとてもナチュラルです。
女性が自毛植毛する費用
近年増加し続けている女性の薄毛ですが、その割合は成人女性の人口の約10%、つまり10人に1人という高い割合になっています。
植毛の移植元として使える部位とは?その限界について
植毛は自分の髪の毛を毛包ごと切り取って、薄毛になっている部分に植え付ける自毛植毛が主流になっています。この毛包ごと切り取る髪の毛はドナーと言って移植元になりますが、どの部位でも移植元になるわけではありません。
植毛を受けた後のヘアスプレー使用は注意が必要な理由とは?
ヘアスプレーは、好みのヘアスタイルを維持するために必要なものですし、薄毛の方だとボリュームアップのために愛用していることもあるでしょう。 ですが、植毛をした後はしばらくヘアスプレーを使うのはやめましょう。