妊娠出産と女性薄毛の関係や対策法

MENU

妊娠出産と女性薄毛の関係や対策法

妊婦

年齢によって体はいろいろと変化をしていきますが、成人女性でもっとも体の状態が変化するのは妊娠と出産です。妊娠出産というのは、女性ホルモンの分泌量が大幅に変わります。そして、この女性ホルモンの分泌量が薄毛にも大きく関わっています。

 

目印妊娠出産と女性の薄毛の関係

 

女性ホルモンというのは、髪の毛の成長を維持するという働きを持っています。特にエストロゲンという女性ホルモンは、コラーゲンの生成を促進するという働きがあるので、毛根組織で働くことで髪を強くしなやかにする効果を持っています。

 

妊娠をするとエストロゲンの分泌量が増加するので、妊娠中は髪の成長期の期間が長くなって、髪の毛の量が増えるのが一般的です。その代わり、出産をすると普通の体と同じ状態になるため、エストロゲンの分泌量も普通に戻ります。

 

ただし、普通に戻るといっても、それまでたくさん分泌されていたものが一気に減るため、エストロゲンの働きによって維持されていた髪の毛がどんどん退行期に移行していきます。ですので、妊娠中は増えたように思えた髪の毛も、出産してからしばらくすると急激に抜け落ちていくので薄毛が引き起こされてしまうのです。

 

目印産後の抜け毛の対策法について

 

妊娠出産によって起こる薄毛というのは、女性ホルモンの分泌量の変化によって起こる自然なものですから、通常であれば1年ぐらいで元に戻ります。ただ、いくら元に戻るとしても、やっぱり何ヶ月かは薄毛の時期が続くので不安になる方も多いようです。

 

それに産後は慣れない育児や家事などで精神的なストレスも溜まりますし、夜中の授乳で睡眠不足になりがちです。ストレスや睡眠不足は抜け毛の原因にもなりますから、女性ホルモンによる薄毛は改善できても、他の要因によって薄毛が起こっていたら元に戻らないこともあります。

 

これを放っておくと、薄毛が進行してしまうこともあるので、産後の薄毛が気になる方はしっかりケアをしておく必要があります。ですが、産後の体はホルモンバランスも不安定なので、自己流で育毛剤を使うのではなくクリニックなどで診察してもらって、適切な治療を受けるようにしましょう。

妊娠出産と女性薄毛の関係や対策法関連ページ

女性薄毛に良い食べ物
薄毛のための対策というと、どうしても頭皮や髪の毛のケアに重点を置いてしまいますが、これらを構成するのはタンパク質です。
男性の薄毛と女性の薄毛
男性特有の悩みと思われていた薄毛ですが、近年は薄毛に悩む女性も増えています。性別が違うとしても同じ人間ですから、女性でも薄毛が引き起こされるのは当然なのですが、体の作りに違いがあるように薄毛の原因や症状はそれぞれ異なります。
育毛マッサージの効果
育毛の方法はいろいろありますが、どんなタイプの薄毛にも効果的なのが育毛マッサージです。
喫煙と女性薄毛の因果関係
タバコの値上がりや喫煙できる場所の制限によって、喫煙者は年々減少傾向にあります。といっても、これは統計的な数字での減少であって、女性だけで見ると決して減少しているとは言えないそうです。
更年期障害と女性薄毛
更年期障害というのは、閉経前の5年から閉経をはさんだ後5年、つまり閉経前後の10年の更年期に引き起こされる障害のことをいいます。
大量のフケが発生する薄毛
女性は基本的に毎日シャンプーをしますし、皮脂の分泌量も多くないので、男性よりはフケが出ることは少ないでしょう。
睡眠不足から来る女性薄毛を改善させる生活習慣とは?
栄養バランスの良い食事をとっていて、過剰なヘアケアやスタイリングもしていないのに薄毛が気になるという方は、睡眠時間が不足しているのかもしれません。
女性に人気の髪型が薄毛を引き起こす?物理的な脱毛に注意
ヘアアレンジはおしゃれに欠かせないもので、ツインテールやポニーテール、最近ではくるりんぱなど新しい髪型も人気ですね。
実はもっと重大な病気が隠れている?女性薄毛に注意しよう!
薄毛と言えば、一般的には生活習慣や加齢、ストレスなどが原因とされています。ですが、もしかしたら重大な病気によって薄毛が引き起こされている可能性もあります。
親類に薄毛が多い人は要注意なの?遺伝性の女性薄毛
あまり知られていませんが、実は女性でも遺伝によって薄毛になることがあります。
低体温の女性が増えていることも薄毛の原因?
先進国の高齢出産化が薄毛激増に関係してる?